自転車安全基準とは?

BAAマーク制度における「自転車安全基準」は"安全で長持ちし、環境に優しい自転車"を目標に、乗る人の安全を第一に考えて、当会が制定した自主基準であり、JIS(日本工業規格)をベースとしています。
加えて、自転車安全基準ではJISにない要件(例えばライトに関しては自動点灯または手元操作可能なライトに限定)やJISより厳しい基準値(例えば雨天時ブレーキをかけて停止するまでの制動距離の短縮化)等安全性を高めており、わが国で安全性の要求水準が最も高い基準といえます。
(自転車安全基準の主な内容については、「型式検査とは?」の「主要な検査項目」をご参照下さい。)
更に自転車安全基準は、自転車の製品不具合情報を参考に基準の改正をスピーディに行うことで、自転車事故の未然防止に役立てています。

マークが付いた自転車はどのようにチェックしていますか?

後程ご説明する"入口"での型式検査及び"出口"での商品検査でチェックがなされます。
ただしBAAマークの付いた全ての自転車について当協会による検査を実施できるわけではありませんので、マークを貼付する製造事業者、輸入事業者がその品質について最終的な責任を負い、万が一製品事故が生じた場合の法的責任も製造事業者、輸入事業者が負います。

ページTOPへ
© 2011 BICYCLE ASSOCIATION(JAPAN) Co.,Ltd. All rights reserved.