商品検査とは?

1.商品検査の目的

自転車協会は、BAAマーク制度の信頼性を維持、確保するために、BAAマークの付いた自転車を毎年市場より買い上げ、検査機関において安全性に係わりの深いフレームの強度試験やブレーキ性能試験などの検査を行い、自転車安全基準に適合していることの確認を行っています。
商品検査の対象はBAAマーク貼付自転車を主体としていますが、それに加えてBAAマークが貼付されていない自転車についても商品検査を行っています。
自転車協会が検査委託している検査機関は、一般財団法人日本車両検査協会の東京検査所及び大阪検査所、一般財団法人自転車産業振興協会技術研究所の3ヶ所です。

2.実施概要

商品検査を実施し、仮に検査を行ったBAAマーク貼付自転車で自転車安全基準に適合しない箇所が認められた場合は、当該製造・輸入事業者に対して速やかに改善を求め、改善報告書の提出を義務付けています。
なお、改善が図られていることを確認するため、次年度の商品検査において当該不備があった製造・輸入事業者の同車種を市場より購入し、当該不備があった箇所を再検査することにより、改善が図られていることを確認することで、品質管理の改善に努めています。
また、製造・輸入事業者が行った改善策のうち、模範になると思われるものについては、他の製造・輸入事業者にも周知し、その改善事例を水平展開することで、自転車業界全体の品質管理のレベルアップを図っています。

商品検査→改善依頼→改善報告→改善確認

3.商品検査結果

商品検査をとおしたより効果的な自転車安全対策に資することを目的に、検査結果は、3つの要素(①検査項目の「重要度」②不具合の程度③連続回数)をそれぞれ点数化の上、総合的なリスク計量化を図っています。
計量化したリスク量に応じた対策を講じており、例えば同一箇所で不具合が連続発生した場合等、厳しく対処しています。

ページTOPへ
© 2011 BICYCLE ASSOCIATION(JAPAN) Co.,Ltd. All rights reserved.