ニュースリリース

自転車の安全基準を、“環境への配慮”の項目を加えた新基準に改定

自転車部品に使用する“環境負荷物質”を削減する
新基準の『BAAマーク制度』及び『SBAAマーク制度』を10月より開始

一般社団法人 自転車協会(所在地:東京都港区、理事長:島野喜三)では、安全な自転車を消費者に提供するための自主基準として「自転車安全基準」を制定し、同基準に適合した自転車に『BAAマーク』を貼付する制度を、2004年9月から推進しております。

協会では、この『BAAマーク』の基準を、安全だけではなく環境への配慮も付加して改定し、2008年10月1日以降の生産分(輸入の場合は国内通関分)から、この新基準を『BAAマーク』の認定に順次適用します。2009年4月からは、すべての『BAAマーク』貼付の自転車について、新基準に適合したものに切り替えられる見込みです。

現在のBAAマーク⇒新基準のBAAマーク

この新基準は、環境問題に対する世界的な関心の高まりを背景に、自転車が廃棄される際の環境への負荷の低減を目的としたものです。

具体的には、自転車のすべての構成部品で、環境負荷が高い6物質(水銀、鉛、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエーテル)の使用を削減していく取り組みとなります。

自転車協会の“環境負荷物質使用削減”に関するこの新基準は、2006年7月にEUで施行された環境規制「RoHS指令」の内容に準じ、環境負荷6物質について、削減によりクリアすべき“基準値”を設定したものです。「RoHS指令」は、EUで販売される電気機器・電子部品を対象にした規制で、埋め立てや焼却など最終的な廃棄の際の環境への負荷を考慮し、上記6物質の製品への使用を規制しています。

新基準の『BAAマーク』交付を希望する製造・輸入事業者は、自転車協会に対し、環境負荷物質削減が実現していることを示す所定の書類を提出することが義務づけられます。また協会では、2009年より、第三者検査機関による商品検査を、新基準の『BAAマーク』貼付の自転車についても実施し、この新基準への適合性をチェックしていきます。

自転車は、環境にやさしい移動手段としてその価値が再認識されている乗り物ですが、自転車協会は、自転車が廃棄される際の環境負荷の削減をはかる新基準の導入を通じて、自転車の製造・使用・廃棄という一連の環の中で、環境問題に取り組んでまいります。

なお、2007年10月よりスタートしましたスポーツ用自転車を対象とする『スポーツBAAマーク(SBAAマーク)』制度におきましても、上述のBAAマーク制度と同様の考えに基づき、本年10月1日より新基準が適用されます。

また、現行基準によるBAAマーク及びSBAAマークは2009年3月迄に生産された自転車も対象としており、従って、2009年4月以降も一部メーカーより出荷され、販売店店頭で販売されることも予想されます。

ページTOPへ
© 2011 BICYCLE ASSOCIATION(JAPAN) Co.,Ltd. All rights reserved.