ニュースリリース

幼児の保護者の皆様へ

「幼児2人同乗用自転車」を安全に利用しましょう!
  • 1. 警察庁における「幼児2人同乗用自転車」に求められる要件及び解説(要件に対応した具体的な基準及び評価方法等)を満たした「幼児2人同乗用自転車安全基準」を一般社団法人 自転車協会で制定致しました。同基準に適合した幼児2人同乗用自転車につきましては、従来の「BAAマーク」に加えてその真下に「幼児2人同乗基準適合車マーク」が併せて貼付されますので、ご確認のうえ、お買い求め下さい。

「BAAマーク」 「幼児2人同乗基準適合車」マーク

  • 2. 自転車は、もともと不安定で転倒しやすい乗り物です。自転車に幼児2人を同乗させると、さらにバランスを崩しやすくなります。こうした自転車の特性をよく理解して、交通ルールを守り、より慎重に安全な利用を心がけましょう。

幼児2人同乗用自転車に幼児を乗せる際の注意点

  • 幼児2人を同乗させることにより転倒の可能性が増大しますので、安全な場所で練習してからご使用下さい。
  • ハンドルストッパや両立スタンドの操作方法については、販売店もしくは取扱説明書によりご確認下さい。
  • 自転車に乗車する際には、スニーカー等のかかとの低い靴を履いて下さい。
  • 自転車用ヘルメットは幼児の頭によく合ったものを選び、あごひもはしっかり締めて正しく着用させましょう。
  • 幼児座席は万一の転倒事故に備え、頭部保護機能を備えた安全性の高いハイバック形を使いましょう。幼児座席がオプションとなっている場合には、必ずメーカーが指定する幼児座席をご使用下さい。また、幼児座席の取り付けは販売店にご相談下さい。
  • 幼児座席を取り付けるネジにゆるみがないか、乗せる前に安全確認を行なって下さい。
  • 1歳未満の幼児はまだ首がすわっておらず、ヘルメットの着用により頚部への負担が大きくなることがありますので、1歳未満の幼児を自転車に同乗させるのはお止め下さい。
  • 幼児座席では、必ずシートベルトを装着させましょう。
  • スタンドを立てた状態で、幼児を幼児座席に乗せたまま、自転車から離れないで下さい。
  • 幼児を乗せたまま駐輪する際は、安定した場所を選んで下さい。
  • 駐輪時の転倒防止のため、駐輪時には必ずハンドルストッパを作動し、前・後部に幼児座席のある自転車での幼児の乗せ降ろしは、乗せる場合は後部座席から前部座席、降ろす場合は、前部座席から後部座席の順番に行って下さい。
  • 幼児を2人同乗させることにより、全体の質量が増大するため、転倒・衝突の際の衝撃がより大きくなり、歩行者等と衝突した場合には、歩行者等の被害も大きくなります。歩道を通行する際は、歩行者や車いす等にも注意し、安全な速度で、歩行者優先で走行しましょう。
  • 自転車の交通ルール及びマナーを守ってご使用下さい。
ページTOPへ
© 2011 BICYCLE ASSOCIATION(JAPAN) Co.,Ltd. All rights reserved.